作詞、作曲:どるたん

カフェのテーブルに広げた 

つげ義春のエッセイ集が

なんだか とても不似合いなような

気がして 読まずに ページを閉じた

広場を行き交う人は笑顔で 

この空間を満喫しているようだ

ぼくはひとり広場に面した席に座り 

この街の亡霊と会話をしている

 

昔見た古い映画の中で 

キャサリン・ヘップバーンがここに座っていたね

あれは1950年代の映画だけど

 

何も変わらぬ景色の中で 

ぼくはひとりこの席に座り

流れ行く時と人々の顔を眺めている

 

時の流れの外に佇むような 

ここは カフェ・フローリアン


 

カフェの前ではピアニストが
『エリーゼのために』を演奏している
ぼくは映画の中の世界に
迷い込んだような気になり眩暈がした

その曲は、古い映画の中で
謎めいた美少年が奏でていた曲
あれはこの街を舞台にした映画だから

何も変わらぬ景色の中を
映画と同じように今も
あの少年が彷徨い歩く幻を見た


時の流れを超えて漂うような
ここはカフェ・フローリアン

  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon
  • White Twitter Icon
  • White Instagram Icon

© どるたん+しゃあみん - powerd by Wix.com

どるたんTwitter

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now